守谷のいえ
所在地 茨城県
建物用途 専用住宅
延床面積 95.13m2
階数 2階
主要構造 在来木造
竣工 2009.06
敷地周辺には、色濃く自然が残り、のどかな風景が広がる。
南西側には住宅があり、その他は畑に囲まれた様な状況である。
この自由であるが、無防備な状況に対して、光や通風、周囲の風景を充分に取り込みながらも、かつプライバシーや安心感も確保できる内外の関係について検討した。
まず、全体を大きなタープで覆い、その中に自由に生活できるスペースをつくった。軒の深いリビングや個室は半屋外的な要素を持ち、ユーティリティーや収納などは1つの箱にまとめ入れ込まれている。
また、土間や軒下空間をつくることにより、庭との連続が生まれ生活に広がりを感じることができる。土間や軒下という日本の伝統的な要素を取り入れることで、簡素だが豊かでフレキシブルな住宅になったのではないかと思っている。
←BACK
| ←       → |