南荻窪のいえ
所在地 東京都
建物用途 専用住宅
延床面積 125.46m2
階数 3階
主要構造 在来木造
竣工 2007.09
バス道路に面して建つ木造3階建ての住宅である。
借景が望めるような敷地ではなかったため、洞窟のような光が印象的な陰影のある空間にしようと考えた。
そこで法規的に許された最大のヴォリュームを立ち上げ、その箱を様々な方向からくり抜いて洞窟のように穴をつくっていった。その穴を、バルコニーなど内外の中間領域にすることで、窓を開けたらすぐ隣地のような状態ではなく、緑や光のあふれる空間をつくることが出来たのである。
こうすることで、都市部における住宅密集地においても自己完結することのない豊かな空間がつくることが出来るのである。
PHOTO BY HIROSHI UEDA
←BACK
| ←       → |