東松山のいえ
所在地 埼玉県東松山市
建物用途 専用住宅
延床面積 110.06m2
階数 2階
主要構造 在来木造
竣工 2007.04
開く中庭という新しいタイプのコートハウスの提案である。
郊外型住宅の典型である家と庭、庭と街の孤立した関係を活性化させるために敷地全体を用いて計画することとした。
敷地を4つのレイヤーに分けて、南から屋外(庭)→半屋外(縁側)→屋内(居室)→半屋外(光庭)と並列させた。
こうすることで内部空間は、庭へ全面的に開きながらも、外部からの視線が気にならない状態をつくりだしている。
建物の外部は、黒いガルバリウム鋼板で覆われ、内部及びバッファーゾーンは白と木で統一されている。これにより外部から見ると安心感があり、内部に入ると開放的になると言う構成になっている。
結果として、新しいタイプのコートハウスの提案というだけでなく、住む人の精神的な解放、コミュニティーに対する意識の向上、環境への貢献に繋がればと願っている。
←BACK
| ←       → |