SN-house
所在地 茨城県つくばみらい市
建物用途 専用住宅
リノベーション面積 43.89m2
竣工 2002.12
子供たちの独立後、使用されずに物置状態になっていた2階部分をリビング兼寝室へとリノベーションした。
築20年の入母屋造りは天井高が高く、いろいろな可能性が考えられた。
そこで、まず2部屋だった部屋をワンルームとすることとし、風の動きや光の動きを常に感じられるような空間にしようと考えた。また、天井高(CH2600)を利用して、小上がりのリビングをつくったり、天井に段差や間接照明を設けることで、空間の変化や視覚的な奥行き感を出している。
こうすることで、物置状態だった子供部屋は眺望もよく、この家で一番心地のよい空間に生まれ変わったのである。
←BACK
| ←       → |